運転しやすさがいい合宿免許!運転しやすさが仇になる合宿免許!


都会より地方の方が運転しやすい

合宿免許は都市部にはありません。地方と呼ばれるところにあるため、教習所の周りは非常にのんびりした雰囲気になっています。仮免が取れれば路上教習になりますが、対向車も後続車もない中を見通しのいい道路を運転しながら教習ができます。海岸近くにある教習所なら、海を見ながらの教習も可能です。

地元と教習環境が違いすぎる問題

運転免許を取得すれば車の運転ができます。しかしどこで教習を受けて免許を取ったので差が生じるので注意しましょう。都市部に住んでいる人は都市部で運転する機会が多いでしょう。一方、地方の合宿免許で取得すると、教習はかなりのんびりした環境で行われます。一応路上の対応などは学べるものの、免許取得後に地元で走ろうとしてもなかなか慣れられずに困る人もいます。取得してもすぐに運転するつもりがないなら合宿免許でも構いません。取得してすぐに運転するつもりがあるなら、慣れやすい地元で教習を受けた方がいいかもしれません。数少ない合宿免許のデメリットと言えるでしょう。

都市部では車の渋滞が日常的に起きます。帰省ラッシュの時だけではありません。慣れた人なら渋滞をうまく切り抜けられますが、初心者は運転しづらく感じます。急に間に割り込まれて焦ったり、中々合流でき無かったりがあります。運転免許を取得するとき、都会に住んでいる人が地元で教習を受けると、渋滞の中で行うときもあるのでかなり大変かもしれません。地元の教習所で教習を受けておけば、取得後もスムーズに運転に慣れます。

合宿免許とは免許を取りたい人が一か所に集まって、2週間程度の泊まり込みで教習をこなし、免許を取得できるサービスです。期限内で集中して教習を受け、免許を取りたいと思っている方におすすめです。