フランチャイズ経営なら自営業の未経験者も安心!


フランチャイズ経営は最小限の元手で始められる

フランチャイズ経営は、自分で店舗を確保したり、広告を出したりする必要がなく、自営業の未経験者も事業を始めやすいというメリットがあります。また、飲食業や小売業、サービス業など様々な業態の中から自分の好きなものを選ぶことができます。最近では、数十万円から百万円程度の元手があれば、すぐにオーナーとして店舗を出せるシステムを採用しているフランチャイズの本部も増えています。また、各地の加盟店のオーナーを対象に、従業員の雇用や研修などの一通りのサポートをしてくれる本部も少なくなくありません。なお、短期間のうちに安定した収益を目指すため、スーパーバイザーなど本部のスタッフと日ごろからコミュニケーションをとることが大切です。

収支保証のシステムのある本部を探してみよう

フランチャイズ経営を始めた後に生活資金をしっかりと確保するには、収支保証のシステムのある本部を探すことがおすすめです。たとえば、業態や店舗の立地、顧客の人数などによって、収入が安定するまでに数か月から半年以上の期間が掛かるケースもあります。そこで、いざという時に備えて、収支保証の対象となる条件について、説明会やセミナーなどの機会を利用して正しく理解をすることが大切です。最近では、収支保証のシステムの特徴について、ネット上で分かりやすく紹介しているフランチャイズの本部も多くあります。そのため、近い将来にフランチャイズ経営に挑戦をしたい場合には、それぞれの本部の加盟店に対するフォローの良し悪しについてじっくりと比較をすることが肝心です。

会社をやめて独立起業を目指すのであれば、フランチャイズ募集を上手に活用してみましょう。加盟することでその企業のノウハウを伝授してもらえます。