これで大丈夫!小陰唇の手術に関する疑問を解決しよう


小陰唇肥大の原因と改善方法を知ろう

デリケートな部分のお悩みは、なかなか人に相談できないですよね。しかし、今は簡単にデリケート部分のコンプレックスを改善してくれる専門の医療機関がありますので、手術の情報を知っておくことは、あなたの心が楽になる一策となるでしょう。ぜひ、小陰唇でお悩みの方は参考にしてくださいね。

まず、小陰唇の肥大の原因についてみていきましょう。これは、男性経験が豊富であると肥大したり、黒ずむという情報を耳にしたこともあるかもしれませんが、都市伝説と捉えた方が賢明です。結果から言うと、肥大原因は未だ解明されていません。

先天的や、ホルモンの関係であるという見方もありますので、あまり気にしないようにしましょう。そして、気になるようなら、小陰唇の手術をおすすめします。

手術の内容は?術後はどんなケアをしたらいい?

小陰唇をカットし、縫い合わせるのですが、その際には、「中縫い」と「外縫い」といって、組織の中を医療用糸で縫い合わせた後に、外側を縫い合わせて密着させます。このように、2回縫うことで、自然なカタチに整えることができます。

麻酔をするので痛みはなく、手軽な日帰り手術というのも嬉しいですね。手術後のケアは、激しい運動を控えたり、入浴や自転車に乗るなどの行為を避けることです。また、性交も一カ月間程は控えましょう。その他はこれといって日常生活に支障はありませんのでご安心ください。

小陰唇を美しくしてより潤いのある女性に

小陰唇の手術は、とても気軽にできることがわかりました。今は、女性のデリケート部分の専門医療機関も、女医さんによる診察が増えてきているので、非常に足を運びやすい時代ですね。デリケートなお悩みを解決して、ますます美しい女性に変身してくださいね。

小陰唇 手術は翌日から仕事を普段通りすることができます。ただし、長時間手術部位が水につかる様な仕事は、念のために1週間程度休んだ方がいいかもしれません。たとえばスイミングスクール講師などの仕事です。