意外と知られていない?処女膜強靭症とはどんなものか


どのような症状が出るのか

処女膜強靭症とは、通常よりも処女膜が厚くなっており、伸び縮みが難しい状態のことを指します。通常の処女膜は性交渉を重ねていくうちに痛みや出血がなくなります。処女膜は1ミリ程度の柔らかいものなので、徐々に馴染んでいくのです。しかし処女膜強靭症の場合は何度性交渉を繰り返しても痛みを伴います。出血も酷く、そのせいで性交渉に対して恐怖心を抱いてしまったり、不妊症になってしまう可能性があるので、放っておくのは良くありません。出産の時にも難産になりやすくなるので、一人で抱え込まずパートナーや医師に相談することが大切です。

治療法は様々なのでじっくり検討しよう

処女膜強靭症の原因は様々で、心理的に大きな負荷がかかっていると発症してしまうことがあります。この場合は、カウンセラーに相談すると症状が改善されることが多いです。自分の中で不安を溜め込まず、誰かに打ち明けることで治すことができます。また、性交渉の時に潤滑液が足りないため痛みが起きる場合は、ローションを活用することで問題を解決できるでしょう。

もしも先天的なもので処女膜強靭症を発症している場合は、手術によって治療することが可能です。切開手術や切除手術を行うことで処女膜強靭症を治すことができます。ここで大切なのが、手術の経験がある産婦人科を選ぶことです。専門知識が豊富で、安心して任せられる産婦人科を選びましょう。手術自体は10~15分で終わるので入院する必要はありません。体に大きな負担をかけず、そのまま帰ることができます。

処女膜強靭症の手術は、局所麻酔・リラックス麻酔・表面麻酔などを利用すれば痛みをほとんど感じることはありません。