温水洗浄便座は素人でも余裕で設置可能!設置工事の流れは?


水道管を分岐させるのが最大のポイント

温水洗浄便座の取りつけ工事の難易度はあまり高くありません。そのため、できるだけ取りつけ費用を節約したいのであれば水道工事業者などに頼むのではなく自分でやってしまった方がいいでしょう。よく、水回りの工事はプロに任せた方がいいといわれますがポイントさえきちんと押さえておけばトラブルが起きる可能性は少ないです。では、具体的にどのような流れで工事を進めていけばいいのでしょうか。

まず、元々装着されていた便座を取り外しましょう。次に温水洗浄便座の取りつけを行います。問題はここからで、便座のノズルから水が出るようにしなければなりません。そのため、トイレに敷かれた水道管を分岐させ、便座につながっている水道管と接合します。このとき、水道の元栓を必ずしめておくようにしましょう。

アースをつないで安全性を高める

分岐させた水道管を便座につなげたら便座のプラグをコンセントに差し込み、水道の元栓を戻して水が出るかどうかを確認します。この際、下敷きなどをノズルの上に置き、噴射された水が床に落ちないようにしましょう。下敷きを用意するのは面倒だという人は「ノズルの清掃」を試すという方法もあります。そうすればノズル付近を洗うためだけにちょろちょろとした水が出るので、きちんと水道管がつながっているかを確認できます。また、トイレの壁にコンセントがなく別の場所から延長コードを使ってコンセントを入れているのであればアースをつないでおいた方が安心です。

最後に便座に座ってみて温かくなるかどうかを確認しましょう。便座にはセンサーが備わっていて、人間が座るとスイッチが入り温かくなるようになっています。

建機は新車なら高くても中古なら安く手に入ります。更に中古の建機のオークションでは思わぬ掘り出し物が安い価格で手に入る可能性があります。